アレグロバンビーノについて

アレグロバンビーノの保育

「成長力の基礎を培う」
を大きな柱とし、一人ひとりに即した援助を基本とした保育です。

基本方針

  • 家庭と共に育て子どもの成長を見守る保育
  • 成長する力の基礎を培う保育
  • 人や環境との関わりを大切にし、社会性と自立を創る保育
  • 自発的な遊びから、自立と心身の健康を育てる保育

虹

保育目標

  • 自分らしく明るくのびのび育つ子ども
  • 自分のことは自分でできる子ども
  • 丈夫で健康な子ども
  • 友達と仲良く遊ぶ子ども

新芽

食育について

DSCF0708_01
アレグロバンビーノでは、栄養士により考えられた給食を園内の給食室で毎日手作りしています。
食の安全衛生がもちろんですが、残さず楽しく食べてもらいたいので薄味を心がけつつ子ども達の嗜好も取り入れています。また、給食時には年長さん達が給食の準備をし、お手伝いを学びます。お食事後には歯磨きもしっかりと行います。
gyojishoku_01
イベント時の給食は、見た目も工夫しています。
子供達が季節を感じたり、いつもとは違った楽しみを持てるよう心がけています。(写真はこどもの日の行事食)
DSCF0515_01
園内の菜園で野菜を育てています。子供達の手で育てた野菜を収穫し、給食でいただきます。
また、おやつの時間には年長さん達が作ったクッキーやケーキをみんなでいただくこともあります。

施設・環境について

DSCF0703_01

衛生面について

子供達の手洗いはもちろんのこと、子供が触れる場所やおもちゃなどは毎日消毒を行い、消毒液はその都度用途によって変更しています。例えば伝染性の強い風邪が流行っている時などはアルコール液ではなく塩素系のものを使用し、希釈もその都度変更しています。

園医がすぐ近くに

往診もしてくれる園医がすぐそばにあるので何かあった時にもすぐに対応できるようにしています。

DSCF0672_04

安全面について

鍵は常に施錠し、防犯カメラの設置、警備会社との提携をしています。また、近所で不審者が出たなどの情報があった場合は警察によるパトロールを多めにしてもらうなど、自治体や警察とも密に連絡をとるようにしています。

DSCF0676_01

園内の環境

園内では、小さいお子様が口に入れてしまっても飲み込むことができないようおもちゃの大きさに気を付けています(ぼたんやファスナーのついたぬいぐるみはすべて切り外すなども徹底)。

ジグソーパズルなど小さな道具が揃っている部屋は2階にあり、大きな子供達しか入れないようになっているため安心です。
また、園内に入る際には玄関で靴下を脱ぎ、園内で滑らないよう配慮しています。(写真は靴下入れ)